關鍵字: 排序:

為何日本神社牌坊的記號日後會成為禁止隨地小便的記號?

2012-08-25
 
本日瀏覽:1 | 累積瀏覽:1068
facebook plurk twitter

 

以前京都有「大原女(おはらめ)」的女性街頭小販(行商人,ぎょうしょうにん)。住在大原或八瀨等京都的近郊的她們,將蔬菜及花放在頭上(頭の上にのせる),在城市裏沿途叫賣(町中を売り歩いていた,うりあるいていた)。

                 

這些女性最大的困擾(最大の悩み,さいだいのなやみ)就是生理現象(せいりげんしょう)。因出門在外的緣故,城裏並沒有她們認識的朋友(知り合い,しりあい)。以前並沒有公廁(公衆便所,こうしゅうべんじょ),大原女須冒著隨地小便的危險(立ち小便で危機をしのいでいた,たちしょうべんでききをしのいでいた)。

她們穿著及膝的木綿和服 ,沒穿內褲(下着をつけていなっかた,したぎをつけていなっかた)。站著上廁所(立ったまま処理するのは,たったまましょりするのは)並不是很困難的事。

 

但她們這種到處小便的行對京都城裏的人來說是很困擾的一件事(迷惑な話,めいわくなはなし)。因此在塀這個地方有一戶人家就以「禁止隨地小便(立ち小便お断り,たちしょうべんおことわり)」在圍牆(塀,へい)上劃一個神社牌坊(鳥居,とりい)的符號。因此日後牌坊既是神社的牌坊又成禁止隨地小便的符號(立ち小便を控えろというメっセージがこめられていた,たちしょうべんをひかえろというメッセージがこえられていた)。

 

圖片來源:http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%B3%A5%E5%B1%85&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D139%26st%3D5251

回覆文章
    回應  共0頁,0
    最首頁 | 上一頁 | | 下一頁 | 最末頁

  • 為る
  • ためる
  • ta-me-ru
關閉
為了他人而活。做義工。.........<more>