關鍵字:
時 間:今日 | 本週 | 本月 | 自訂 地 點:

原三渓の美術

  • 時  間:2019-07-13~2019-09-01
  • 地  點:横浜市
  • 費  用:1600日幣
  • 主辦單位:横浜美術館
  • 相關網址:
  • 發表者:Wahouse小編  2019-07-30
  • 瀏覽數: 170
    分享: facebook plurk twitter
 

原三溪の美術 伝説の大コレクション

■あれもこれも、全部もってました
【プレゼント8/1まで】 明治から昭和にかけて活躍した実業家、原富太郎(号:三溪、1868~1939)。横浜で生糸貿易や製糸業などで財をなし、近代日本の経済界を牽引しました。古美術品を熱心に収集し、希代のコレクターでもあった原三溪旧蔵の大コレクションを集めた展覧会が、横浜美術館で開催中です。
 
 
原三溪の美術 伝説の大コレクション | (左から)円山応挙《虹図》江戸時代中期 MIHO MUSEUM / 円山応挙《中寿老左右鴛鴦鴨》江戸時代中期 北野美術館 [ともに全期間展示]
原三溪の美術 伝説の大コレクション | (左から)原富太郎(晴處)《乱牛図》明治17年 / 高橋杭水(寿山)《萬松草廬図》明治15年 / 高橋杭水《楼閣山水》明治4年 [すべて全期間展示]
原三溪の美術 伝説の大コレクション | (左から)国宝《孔雀明王像》平安時代後期 東京国立博物館 / 重要文化財《地獄草紙断簡(勘当の鬼)》鎌倉時代 福岡市美術館(松永コレクション) [ともに展示期間:7/13~8/7]
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
原三溪の美術 伝説の大コレクション |
横浜・本牧の広大な庭園「三溪園」を創設した原三溪。展覧会は「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」という4つの側面から、文化人としての原三溪の全容に迫る企画です。

原三溪は岐阜生まれ。父は戸長や村長を務めた有力者、母は南画家の娘で、学問や文化に恵まれた環境で育ちました。

上京後、生糸業で成功した横浜の原善三郎の娘と結婚。原家の家督を継ぎ、事業を拡大させていきます。

三溪は独自の歴史観にもとづき、積極的に古美術品を収集しました。生家の影響からか、初期は文人画など。後に仏教美術や茶の湯道具と幅を広げていきました。

コレクターとして三溪の名が広く知れ渡るようになったのは、国宝《孔雀明王像》の収集です。前蔵相・井上馨から当時としては破格の1万円で購入し、大きな話題となりました。



その後も次々に名品を収集。その活動を総括するため、所蔵名品選「三溪帖」を刊行すべく準備を進めましたが、出版を目前にして関東大震災で焼失してしまいました。

残された「三溪帖」の草稿を見ると、コレクションを体系的に分類していました。自身の解釈で、美術史上の位置づけを試みていた事も分かります。

三溪は大正時代に入ると、益田鈍翁や高橋箒庵ら、実業家で数寄者でもあった人々と交流を深め、自らも茶の湯の世界に入っていきました。

茶室「蓮華院」を設けて、何度も茶会を開催。関東大震災後、古美術の収集を控える中でも、茶道具の購入は続けています。

三溪には、自ら書画を制作するアーティストとしての一面もあります。文人画風の作品は、前田青邨らにも絶賛れるほどの腕前でしたが、最も優れた作品といえるのが三溪園。広大な土地に日本庭園を設計し、古建築を移転させてつくりあげました。

ただ、三溪園は空襲で一部の建物が倒壊。修理工事を経て、現在は国指定名勝になっています。

三溪が同時代の美術家を本格的に支援するようになったのは、明治40年代に入ってから。生活費や研究費の支給、作品の購入などとともに、自らのコレクションを美術家に見せたり、制作する場所も支援しました。

前田青邨《神輿振》、横山大観《柳蔭》などは、三溪園で描かれたものです。

出品作品の現在の所蔵先を見ると、東京国立博物館、京都国立博物館、東京国立近代美術館、大和文華館、畠山記念館などなど。他の展覧会では目玉として出展されていた作品も、いくつも見られます。改めて、すべて原三溪が所有していたのかと思うと、驚愕の一言です。

デリケートな日本画が多い事もあり、かなり頻繁に展示替えがあります。再来場割引も実施されているので、ご活用ください。詳しくは公式サイトで。

 



你也許也會喜歡






 

熱門情報

 

 

 


道具
  • アイテム
  • あいてむ
  • a-i-te-mu
關閉
.........<more>